2013年05月09日

川口委員長解任決議


衆参通じて、初となる常任委員長解任決議が可決されました。

川口委員長に全く非がなかったとは言いませんが、その中身を詳しく吟味すれば、本当に解任決議がふさわしかったのかという点では、多いに憤りを感じます。


民主党政権下で最悪になった日中関係をもう一度立て直すためには、階段を一歩一歩昇るような努力が必要です。


外交経験豊富な川口先生が、自分が委員長の環境委員会を休んででも「国益にかなう」と判断され、わが党の国対も丁寧にお詫びとお願いをしたにもかかわらず、「支持率の高い安倍政権に一矢報いるチャンス」とばかりに、解任決議ありきで動いた野党の対応には、疑問が残ります。


もちろん、こちらの非は非として認めた上ですが、それでも良識の府と言われる参議院で解任決議とは・・・後の判断は国民の皆様に委ねたいと思います。


posted by 渡辺 猛之 at 21:42 | 岐阜 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。