2013年03月09日

ざわわざわわ

 
広いさとうきび畑は♪
 
ということで、今日は沖縄県南大東島へ。
 
台風の通り道と言われる南大東島。過酷な自然条件でも栽培できるさとうきびが島の唯一といってもよい産業なのです。
 
 
何の対策もなくTPPに参加すればさとうきび産業は壊滅、島に住む人もいなくなる・・・
 
製糖工場の煙突にでっかい文字で書いてある「さとうきびが島を守り、島が領土を守る」の言葉の真意を、ぜひ小泉局長はじめ自民党青年局のメンバーにわかってほしいと実現した今回の訪問です。
 
 
南大東空港に到着すると、大勢の皆さんが横断幕で熱烈歓迎をしてくださいました。
 
 
村長さんはじめ村民の皆さんから率直な意見を伺い、時間いっぱい島の現状を見させていただき、TPP推進派も慎重派も「やはりこのような素晴らしい離島は守らなきゃ」との想いは一致したはずです。
 
 
おそらく安倍総理は近々交渉参加表明をされるでしょう。
 
我々は日本の国益を最大化するための努力を惜しみません。
 
ただ、この国益の最大化は、限られた産業で利益を増大させる一方で、一部の産業を切り捨てるような手法は断じて取ってはならないと考えます。
 
 
そんなことをすれば、今日訪れた南大東島のように、数は多くないけれど真面目に直向きに頑張る人々や地方を切り捨てることになってしまいます。
 
 
一見違う方向を目指しているようなTPP推進派も慎重派も議論を重ねることによって、必ずやお互いが片目をつむりながらでも納得できる結論が見つかるはず。
 
 
そう信じて、TPPの課題にも向き合っていきたいと思います。
 
 
南大東島の皆さん、ありがとうございました。
そして急な沖縄行きを許してもらった土岐市の皆さん、ありがとうございました。
 
 
 


posted by 渡辺 猛之 at 23:04 | 岐阜 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。